環境保護マネージメント

環境保護マネージメント

環境への責任を自覚した活動を行うため、社内および社外の環境保護のための規定および基準を、当社では導入しています。社内の専門部署および社外の審査機関による定期的な監査を実施し、環境保護のための規定の順守状況、および改善点を確認しています。素晴らしいソリューションの実施例等は、社内のコミュニケーションネットワークおよびガイドラインを通じて全社員に伝えられます。

私たちは、常に、環境保護対策の改善に取り組んでいます。業務における環境保護対策の有効性を確認し、今後の環境保護活動を的確に計画するため、当社では環境保護指数を導入し、評価を行っています。グループ全体を対象とした環境保護目標の他、各事業拠点においても、現地の状況に適した環境保護目標を設定しています。Knorr-Bremse(クノール・ブレムゼ)グループは、毎年 COP(Communication on Progress/活動の進捗報告)にて、環境保護に関連する指数を公表しています。

国際基準に基いた認定

2001 年より、グループの全事業拠点における鉄道車両事業部門、商用車事業部門にて、環境マネージメントシステム規格ISO 14001 に基く審査および認定を行っています。ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカ、アジア太平洋地域の多くの生産拠点およびサービス事業拠点において、ISO 14001 による認定が既に完了しています。その他の事業拠点でも、今後環境マネージメントシステムの認定を行っていく予定です。

環境保護への意識の向上

当社では社内コミュニケーション ネットワークや研修を通し、社員の環境保護への意識向上に取り組んでいます。定期的に各事業拠点における研修の必要性を確認し、適切な研修プログラムを実施しています。さらに、様々なイニシアティブや活動なども行っています。様々なキャンペーン、パンフレット、カレンダー、講演、コンペティション、社員の子供を対象としたイベント、展示会等を通して、オフィスや自宅でできる環境保護のためのアドバイスを提供しています。また、毎年、「環境」および「社会への貢献」分野で素晴らしい成果をもたらしたプロジェクトには、CR Award(CR アワード)が授与されます。

Share