エネルギー管理および温暖化対策

エネルギーの有効利用は、資源の保護および温暖化の防止につながります。エネルギー効率に関する当社の活動は、研究開発から資源の有効利用を考えた生産、運搬、そして製品の利用におけるまで、バリューチェーン全体を対象に考案され、実施されています。

環境保護およびエネルギー効率に関する目標

当社のエネルギー効率イニシアティブ ECCO2 (Efficient Cut of CO2/CO2 の効率的削減)を通して、私たちは温暖化防止および環境保護に取り組んでいます。そのため、当社では 2020 年までに、2009 年の状況と比較したうえで、エネルギー効率を 20% アップし、二酸化炭素 (CO2 )の排出量を 20% 削減するという目標を設定しました。熱回収システムの最適化、電力消費量の少ない照明システムの利用の強化、組立てラインの調整および最適化、社員の環境保護への意識向上等の措置を行うことにより、現時点ですでに、大幅な改善を図ることができています。目標値の具体的な達成度は、毎年、事業報告書にて公表しています。

グループ全体でのエネルギー管理

Knorr-Bremse(クノール・ブレムゼ)では、エネルギー マネージメント システム の国際規格(ISO 50001)に基き、電力消費および CO2 排出量の削減のための対策を計画、実施しています。これらの対策により、エネルギー効率の改善のための必要事項を規定しています。

生産におけるエネルギー効率

全ての事業分野にて、電力消費量削減の可能性を体系的に特定し、適切な対策を実施しています。設備やプロセスにおける数多くの最適化措置、および各事業拠点での新たな設備投資により、継続的に電力消費量の削減に取り組んでいます。

Share