CR マネージメント

 

当社の Corporate Responsibility(企業責任)マネージメントにより、事業活動における CR 戦略を実践しています。当社では、戦略を確実に実施することを目的とした組織構造を、確保しています。

審議および評定を行う委員会として、Knorr-Bremse(クノール・ブレムゼ)では、いわゆる CR 審議会を設けています。取締会役員、各事業分野の経営陣 2 名、CR 独立機関の幹部で、審議会は構成されています。

CR 部の業務は、重要テーマを特定し、目標を設定、具体的対策を講じ、そのテーマを担当する部署と共に対策を実施することです。各 CR プロジェクトは、その事業分野を担当する部署が責任を持って実施します。

社員の意識向上

当社では、CR への取り組みを通して、CR テーマに関する社員の意識を向上し、サステイナビリティに関する目標および活動への理解を深めることを目指しています。そのため、社員を対象とした講演会の開催や、社内紙にて具体的な活動に関する記事を掲載しています。また、新入社員を対象とした Corporate Responsibility に関する研修も行っています。さらに、毎年、Knorr-Bremse では、「環境」、「社会貢献」の分野で素晴らしい業績を実現したプロジェクトに CR Award(CR アワード)を授与しています。

プロセスの統合

環境保護および社会貢献という観点を事業プロセスに統合するため、全ての企業活動において、環境保護および社会貢献に関する重要性を分析、査定したうえで、当社のサステイナビリティ目標を設定し、必要に応じて調整を行います。例えば、国連グローバル コンパクトの原則をグループ全体の資源調達における構造に採り入れ、サステイナビリティを実現しています。

Tel.: +49 89 3547 0
e-Mail: cr@knorr-bremse.com

Share