脱線検知装置

EDT101型脱線検知機は、間接的な空圧ブレーキを使う車両での使用に適しています。車輪が脱線すると、検知器はブレーキパイプに排気し、非常用アプリを作動させます。ブレーキパイプが完全に排気された状態になると、検知器は自動的に初期設定位置に戻り、独自に使用可能状態になり、手動でリセットされるまでは、検知器上にある赤色のシリンダーがどのユニットが探知したかを示します。脱線検知装置は空圧によって動作し、電子制御ブレーキと空圧制御ブレーキの双方の車両に設置できます。

EDT 101

搭載できる車両:

  • 旅客車
  • 地下鉄および都市鉄道
  • 動力車
  • 危険物輸送車
  • 貨車
  • タンク車

脱線検知装置は、枕木上の車輪の衝撃を測定、評価して脱線した軸を検知します。そして警告信号を出して運転士に通知するか、列車を自動的に急停止させます。この装置は、脱線による損害を最小限に留めるために開発されたものです。

利点:

  • 人と物をより安全に輸送
  • 脱線後に生じうる損害を最小限に留める
  • 軸が脱線した時点で、診断メッセージを出力または列車を非常停止
  • 既存車両に容易に取付け可能
  • 低維持費
  • 空圧式脱線検知装置EDT101はUIC認証取得済み

鉄道車両用システム 営業

ご連絡お待ちしております

General Contact

Tel: +81 3 3346 2620
Fax: +81 3 3346 2623

Share

EDT 101