iCOM

列車の状態を簡単に確認できるようになりました。iCOM は列車の運行やメンテナンスを最適化するために必要な機器データをモニター&分析し、導入・運用・管理に必要な全経費の削減に貢献します。

iCOM - 車両を見通す、確かな機能

列車の運行やメンテナンスに積極的に取り組むには、車両の主要システムの状態が一目で把握できることが前提です。

お客様がきちんとした情報をもとに機材管理の方針を決定できるように、パワフルなモジュール型システム (iCOM) を開発しました。iCOM は車両に搭載されているすべてのシステムを診断できるツールです。

iCOM は機材エラーが生じると、タイムリーに検知、診断、優先順位をつけ、修正機能が作動します。高度な測定・分析機能 と自動診断機能を組み合わせ、潜在的な機材の問題点を早い段階で通知します。

車両システムに技術的な問題が発生する場合、その根っことなる原因のほとんどは単純なものです。しかしながら、取得できるデータの質が低かったり、一貫性のあるデータの取得が難しかったりすると、原因を特定するのは困難で複雑なタスクとなります。iCOMはこのプロセスを容易にし、エラー検知の初期段階から、正確かつ関連性の高い情報をユーザーに提供します。iCOM が提供するハイレベルのデータを使えば、問題の原因を正しく特定するのに要する時間を大幅に削減できるだけでなく、車両の可用性も高まります。

いわば機器トラブルに対して、対処法から予防措置への転換を図り、問題点を先取りし、かかる費用を最小限に抑えます。

例外的な障害の防止に役立ち、メンテナンス計画が立てやすくなるだけでなく、コンポーネントの寿命を最大限延ばし、ダウンタイムを最小限に抑えます。

現実的で、数字でも把握できる付加価値を、iCOM は24時間365日、全世界で提供します。

ダウンロード&サービス

Share

iCOM - 車両を見通す、確かな機能