ブレーキ制御

ブレーキ制御は、列車がどのような運転状態にあっても確実に停止させる役割を果たし、列車の安全運行に欠かすことのできないサブシステムです。

EP Compact

理想的なブレーキは、運転士がレバーをひけば、車両全体の車軸または台車に対して抑止力がそれぞれかかります。今日では運転手自身が特定の抑止力を使って車軸や台車にブレーキをかけないので、ブレーキ制御システムは、統合化された複数の電子制御機能を使うようになっています:

  • 車両の荷重に応じたブレーキ
  • アンチブロックシステム(車輪すべり防止)
  • 運転士の注意力監視機能(SiFa)
  • 遠隔制御式非常ブレーキ(LZB、PenaltyBrake)
  • 乗客作動非常ブレーキ設備
  • 車輪空転時の再粘着補助機能(スリップ防止)

列車に搭載されているブレーキが手動式、電磁吸着式、渦電流式、あるいはリバースドライブ発電式などどの方式でも、ブレーキ制御システムが各種システムを最適に調整します。

どのようなソリューションが採用されていようとも、Knorr-Bremseは安全性と経済性を優先し、使用する国の規格やさまざまな環境に合わせて、納入先の要件を満たしたカスタムメイドのソリューションを提供します。更に、空圧コンポーネントと電子コンポーネントを効果的に組み合わせているので、高品質なものをコンパクトに提供し、取付けや保守・修繕が簡単なだけでなく、ライフサイクルコストを低減しています。

主な製品

鉄道車両用システム 営業

ご連絡お待ちしております

General Contact

Tel: +81 3 3346 2620
Fax: +81 3 3346 2623

Share

EP Compact