砂撒きシステム

鉄道車両には、車輪とレール間の粘着力を高めるための砂撒きシステムが取り付けられており、発車時と停止時に自動、もしくは運転士の操作で作動します。

砂撒きシステム

非常ブレーキ時には、自動的に砂が撒かれます。砂は砂溜めに収納されており、必要に応じて圧縮空気により車輪とレールの間に噴射されます。

利点:

  • 速度に応じて2段式または無段式で砂を噴射(オプション)
  • 取付け済み砂溜め:プラグ&プレイ
  • コンパクト設計
  • 低ライフサイクルコスト

Knorr-Bremseは砂撒き装置の全コンポーネントを取り扱っています。詳細は以下のとおりです。

給気

車両のコンプレッサーまたは電動小型コンプレッサーで行います。

砂の計量

正圧と負圧の原理で機能します。砂撒き機能だけでなく、砂溜めの内部全体を乾燥する機能も備えています。

砂供給管ヒーター

砂供給管の凍結による詰まりを防ぎます。

砂量インジケーター

砂量インジケーターには、ガラス製のぞき窓タイプとレベルセンサータイプがあります。

砂溜め

システムサプライヤーであるKnorr-Bremseは、お客様の仕様どおりに砂溜めを製造します

砂溜めの蓋

砂を手で入れるタイプとサンドガン対応タイプがあります。

砂の計量

正圧と負圧の原理で機能します。砂撒き機能だけでなく、砂溜めの内部全体を乾燥する機能も備えています。

砂供給管ヒーター

砂供給管の凍結による詰まりを防ぎます。

砂量インジケーター

砂量インジケーターには、ガラス製のぞき窓タイプとレベルセンサータイプがあります。

砂溜め

システムサプライヤーであるKnorr-Bremseは、お客様の仕様どおりに砂溜めを製造します

砂溜めの蓋

砂を手で入れるタイプとサンドガン対応タイプがあります。

鉄道車両用システム 営業

ご連絡お待ちしております

General Contact

Tel: +81 3 3346 2620
Fax: +81 3 3346 2623

ダウンロード&サービス

Share

砂撒きシステム