24時間 クノールブレムゼと共に

人々や大切な荷物を安全に輸送するには、鉄道と商用車を使用する人々の日常生活をよく理解しておく必要があります。クノールブレムゼはこれを意識し、実際に利用する人々のために日々、前進を続けています。一日中、世界中。

人々や大切な荷物を安全に輸送するには、鉄道と商用車を使用する人々の日常生活をよく理解しておく必要があります。クノールブレムゼはこれを意識し、実際に利用する人々のために日々、前進を続けています。一日中、世界中。

01:00 上海の交差点:夜中でもなお、多くの車が行き交っています。クノールブレムゼが一層の安全に寄与しています。©クノールブレムゼ

02:00 観光客がベルリンの夜の街を観光しています。クノールブレムゼの技術を用いた公共電車に乗り、ポツダム広場へ向かいます。©クノールブレムゼ

03:00 通勤時間を有効活用できるのは、クノールブレムゼが乗客を最寄り駅まで安全に送り届けてくれるからです。©クノールブレムゼ

04:00 ジァンはアントワープへ向かっています。クノールブレムゼのドライブ・アシスタンス・システムが、快適なドライブをサポートします。©MAN Truck & Bus AG

05:00 巨大な荷物を積載し、狭い道を走るのは大変ですが、クノールブレムゼのシステムを使えば、より簡単に運転することが出来ます。@VIKTOR BAUMANN

06:00 フランクは最後のパレットを荷台に積み、長距離輸送トラックに乗り込みます。彼はクノールブレムのセーフティ・システムが頼りになる事を知っています。©クノールブレムゼ

07:00 上海のラッシュアワー:数百人もの人々が各駅で乗り降りします。クノールブレムゼのエントランスシステムで、安全と効率が保たれています。©クノールブレムゼ

08:00 ジョンは遠くの村から学校まで、バスで子供たちを送迎します。子供たちは彼の運転を信頼し、彼はバスのビスカス・ダンパーを信頼しています。 ©クノールブレムゼ

09:00 スウェーデン:時速100kmのスピードで氷上を横切っています。クノールブレムゼのシステムはすべて、冬季の厳しい試験条件の下で、トライアウトされています。©クノールブレムゼ

10:00 デイビットは農業機械を巧みに制御し、畑と道路を移動します。クノールブレブゼのコンポーネントが、操作をサポートします。©Werksfoto AGCO Fendt

11:00 オーストラリアの鉄鉱山:息が詰まりそうな真昼の熱さです。ドライバーのイーサンは、クノールブレムゼのエアコンで冷静さを保ちます。©iStock

12:00 バリアフリー旅行:屋外リフトで車椅子の方の乗車を助け、オン・ボード・リフトで快適にシートへと移すことが出来ます。©クノールブレムゼ

13:00 ストップ・アンド・ゴーを繰り返す頻度が高いのは、ゴミ収集車です。 イギリスのゴミ収集車の多くが、停止の際にクノールブレムゼのディスク・ブレーキを使用しています。©Dennis Eagle

14:00 ある家族がドイツのアウクスブルクの鉄道博物館を訪れました。ティムが「クノールブレムゼ」と読み上げると、母親は「鉄道には不可欠なのよ」と言いました。©クノールブレムゼ

15:00 インドの都市では、バスなくして大量輸送は考えられません。クノールブレムゼが強靭な技術でサポートしています。©クノールブレムゼ

16:00 136貨物車は広い荒野を走行しています。このような場所で不具合が発生したら大変な事態となるでしょう。幸いにもこの貨物車にはクノールブレムゼのシステムが搭載されているので、安心です。©クノールブレムゼ

17:00 アフリカのメカニック研修生は、エンジンに向き合い、真剣に訓練に取り組んでいます。クノールブレムゼは世界中で職業訓練を積極的に支援しています。©Rainer Kwiotek

18:00 出稼ぎ者の里帰り:インドの乗客がローカル電車に乗り込んでいます。このような状況では、信頼出来る技術が必須です。©クノールブレムゼ

19:00 懐かしいバスでの旅:このツアーバスは1960年代に生産されたものですが、ブレーキは新品です- クノールブレムゼ製が搭載されています。©クノールブレムゼ

20:00 長い1日の仕事を終え、ローラは電車に乗ると、帰宅するまでの時間を車内でリラックスして過ごします。クノールのレール・テクノロジーが夜間も安全を保障しているからです。©クノールブレムゼ

21:00 超重量級の海上コンテナを輸送するため、ドライバーのサムは電動コンプレッサーを使用してエアー・スプリングを維持し、コンテナをトラックへ積載します。©クノールブレムゼ

22:00 幅広の貨物を積み、安全な夜間輸送を行う際、マイクはクノールブレムゼ製の電子レベリングシステムを使用します。©MAN Truck & Bus AG

23:00 映画館や劇場で楽しい夜を過ごした後、人々は心穏やかに家路へと向かいます。多くの地下鉄ではクノールブレムゼのコンポーネントが使用されており、安全な旅を提供しています。©クノールブレムゼ

24:00 記憶に残るデザイン:ラスベガスのきらびやかな世界をモノレールが通り過ぎて行きます。ドア制御ユニットはクノールブレムゼの製品です。©Las Vegas Monorail

03:00 通勤時間を有効活用できるのは、クノールブレムゼが乗客を最寄り駅まで安全に送り届けてくれるからです。©クノールブレムゼ

04:00 ジァンはアントワープへ向かっています。クノールブレムゼのドライブ・アシスタンス・システムが、快適なドライブをサポートします。©MAN Truck & Bus AG

05:00 巨大な荷物を積載し、狭い道を走るのは大変ですが、クノールブレムゼのシステムを使えば、より簡単に運転することが出来ます。@VIKTOR BAUMANN

06:00 フランクは最後のパレットを荷台に積み、長距離輸送トラックに乗り込みます。彼はクノールブレムのセーフティ・システムが頼りになる事を知っています。©クノールブレムゼ

07:00 上海のラッシュアワー:数百人もの人々が各駅で乗り降りします。クノールブレムゼのエントランスシステムで、安全と効率が保たれています。©クノールブレムゼ

08:00 ジョンは遠くの村から学校まで、バスで子供たちを送迎します。子供たちは彼の運転を信頼し、彼はバスのビスカス・ダンパーを信頼しています。 ©クノールブレムゼ

09:00 スウェーデン:時速100kmのスピードで氷上を横切っています。クノールブレムゼのシステムはすべて、冬季の厳しい試験条件の下で、トライアウトされています。©クノールブレムゼ

10:00 デイビットは農業機械を巧みに制御し、畑と道路を移動します。クノールブレブゼのコンポーネントが、操作をサポートします。©Werksfoto AGCO Fendt

11:00 オーストラリアの鉄鉱山:息が詰まりそうな真昼の熱さです。ドライバーのイーサンは、クノールブレムゼのエアコンで冷静さを保ちます。©iStock

12:00 バリアフリー旅行:屋外リフトで車椅子の方の乗車を助け、オン・ボード・リフトで快適にシートへと移すことが出来ます。©クノールブレムゼ

13:00 ストップ・アンド・ゴーを繰り返す頻度が高いのは、ゴミ収集車です。 イギリスのゴミ収集車の多くが、停止の際にクノールブレムゼのディスク・ブレーキを使用しています。©Dennis Eagle

14:00 ある家族がドイツのアウクスブルクの鉄道博物館を訪れました。ティムが「クノールブレムゼ」と読み上げると、母親は「鉄道には不可欠なのよ」と言いました。©クノールブレムゼ

15:00 インドの都市では、バスなくして大量輸送は考えられません。クノールブレムゼが強靭な技術でサポートしています。©クノールブレムゼ

16:00 136貨物車は広い荒野を走行しています。このような場所で不具合が発生したら大変な事態となるでしょう。幸いにもこの貨物車にはクノールブレムゼのシステムが搭載されているので、安心です。©クノールブレムゼ

17:00 アフリカのメカニック研修生は、エンジンに向き合い、真剣に訓練に取り組んでいます。クノールブレムゼは世界中で職業訓練を積極的に支援しています。©Rainer Kwiotek

18:00 出稼ぎ者の里帰り:インドの乗客がローカル電車に乗り込んでいます。このような状況では、信頼出来る技術が必須です。©クノールブレムゼ

19:00 懐かしいバスでの旅:このツアーバスは1960年代に生産されたものですが、ブレーキは新品です- クノールブレムゼ製が搭載されています。©クノールブレムゼ

20:00 長い1日の仕事を終え、ローラは電車に乗ると、帰宅するまでの時間を車内でリラックスして過ごします。クノールのレール・テクノロジーが夜間も安全を保障しているからです。©クノールブレムゼ

21:00 超重量級の海上コンテナを輸送するため、ドライバーのサムは電動コンプレッサーを使用してエアー・スプリングを維持し、コンテナをトラックへ積載します。©クノールブレムゼ

22:00 幅広の貨物を積み、安全な夜間輸送を行う際、マイクはクノールブレムゼ製の電子レベリングシステムを使用します。©MAN Truck & Bus AG

23:00 映画館や劇場で楽しい夜を過ごした後、人々は心穏やかに家路へと向かいます。多くの地下鉄ではクノールブレムゼのコンポーネントが使用されており、安全な旅を提供しています。©クノールブレムゼ

24:00 記憶に残るデザイン:ラスベガスのきらびやかな世界をモノレールが通り過ぎて行きます。ドア制御ユニットはクノールブレムゼの製品です。©Las Vegas Monorail

Eva Doppler

Tel: +49 89 3547 1498
Fax: +49 89 4444 54193
e-Mail: eva.doppler@knorr-bremse.com

Knorr-Bremse AG
Moosacher Straße 80
80809 Munich
Germany

著作権

当社の写真をご使用の際は、「Knorr-Bremse AG」を引用元としてご記載いただき、編集目的でのみご使用ください。使用例またはそこへのリンクを提供いただければ幸いです。

Share

01:00 上海の交差点:夜中でもなお、多くの車が行き交っています。クノールブレムゼが一層の安全に寄与しています。©クノールブレムゼ 


02:00 観光客がベルリンの夜の街を観光しています。クノールブレムゼの技術を用いた公共電車に乗り、ポツダム広場へ向かいます。©クノールブレムゼ 


03:00 通勤時間を有効活用できるのは、クノールブレムゼが乗客を最寄り駅まで安全に送り届けてくれるからです。©クノールブレムゼ 


04:00 ジァンはアントワープへ向かっています。クノールブレムゼのドライブ・アシスタンス・システムが、快適なドライブをサポートします。©MAN Truck & Bus AG 


05:00 巨大な荷物を積載し、狭い道を走るのは大変ですが、クノールブレムゼのシステムを使えば、より簡単に運転することが出来ます。@VIKTOR BAUMANN 


06:00 フランクは最後のパレットを荷台に積み、長距離輸送トラックに乗り込みます。彼はクノールブレムのセーフティ・システムが頼りになる事を知っています。©クノールブレムゼ 


07:00 上海のラッシュアワー:数百人もの人々が各駅で乗り降りします。クノールブレムゼのエントランスシステムで、安全と効率が保たれています。©クノールブレムゼ 


08:00 ジョンは遠くの村から学校まで、バスで子供たちを送迎します。子供たちは彼の運転を信頼し、彼はバスのビスカス・ダンパーを信頼しています。 ©クノールブレムゼ 


09:00 スウェーデン:時速100kmのスピードで氷上を横切っています。クノールブレムゼのシステムはすべて、冬季の厳しい試験条件の下で、トライアウトされています。©クノールブレムゼ 


11:00 オーストラリアの鉄鉱山:息が詰まりそうな真昼の熱さです。ドライバーのイーサンは、クノールブレムゼのエアコンで冷静さを保ちます。©iStock 


12:00 バリアフリー旅行:屋外リフトで車椅子の方の乗車を助け、オン・ボード・リフトで快適にシートへと移すことが出来ます。©クノールブレムゼ 


13:00 ストップ・アンド・ゴーを繰り返す頻度が高いのは、ゴミ収集車です。 イギリスのゴミ収集車の多くが、停止の際にクノールブレムゼのディスク・ブレーキを使用しています。©Dennis Eagle 


14:00 ある家族がドイツのアウクスブルクの鉄道博物館を訪れました。ティムが「クノールブレムゼ」と読み上げると、母親は「鉄道には不可欠なのよ」と言いました。©クノールブレムゼ 


15:00 インドの都市では、バスなくして大量輸送は考えられません。クノールブレムゼが強靭な技術でサポートしています。©クノールブレムゼ 


16:00 136貨物車は広い荒野を走行しています。このような場所で不具合が発生したら大変な事態となるでしょう。幸いにもこの貨物車にはクノールブレムゼのシステムが搭載されているので、安心です。©クノールブレムゼ 


17:00 アフリカのメカニック研修生は、エンジンに向き合い、真剣に訓練に取り組んでいます。クノールブレムゼは世界中で職業訓練を積極的に支援しています。©Rainer Kwiotek 


18:00 出稼ぎ者の里帰り:インドの乗客がローカル電車に乗り込んでいます。このような状況では、信頼出来る技術が必須です。©クノールブレムゼ 


19:00 懐かしいバスでの旅:このツアーバスは1960年代に生産されたものですが、ブレーキは新品です- クノールブレムゼ製が搭載されています。©クノールブレムゼ 


20:00 長い1日の仕事を終え、ローラは電車に乗ると、帰宅するまでの時間を車内でリラックスして過ごします。クノールのレール・テクノロジーが夜間も安全を保障しているからです。©クノールブレムゼ 


21:00 超重量級の海上コンテナを輸送するため、ドライバーのサムは電動コンプレッサーを使用してエアー・スプリングを維持し、コンテナをトラックへ積載します。©クノールブレムゼ 


22:00 幅広の貨物を積み、安全な夜間輸送を行う際、マイクはクノールブレムゼ製の電子レベリングシステムを使用します。©MAN Truck & Bus AG 


23:00 映画館や劇場で楽しい夜を過ごした後、人々は心穏やかに家路へと向かいます。多くの地下鉄ではクノールブレムゼのコンポーネントが使用されており、安全な旅を提供しています。©クノールブレムゼ 


24:00 記憶に残るデザイン:ラスベガスのきらびやかな世界をモノレールが通り過ぎて行きます。ドア制御ユニットはクノールブレムゼの製品です。©Las Vegas Monorail 


03:00 通勤時間を有効活用できるのは、クノールブレムゼが乗客を最寄り駅まで安全に送り届けてくれるからです。©クノールブレムゼ 


04:00 ジァンはアントワープへ向かっています。クノールブレムゼのドライブ・アシスタンス・システムが、快適なドライブをサポートします。©MAN Truck & Bus AG 


05:00 巨大な荷物を積載し、狭い道を走るのは大変ですが、クノールブレムゼのシステムを使えば、より簡単に運転することが出来ます。@VIKTOR BAUMANN 


06:00 フランクは最後のパレットを荷台に積み、長距離輸送トラックに乗り込みます。彼はクノールブレムのセーフティ・システムが頼りになる事を知っています。©クノールブレムゼ 


07:00 上海のラッシュアワー:数百人もの人々が各駅で乗り降りします。クノールブレムゼのエントランスシステムで、安全と効率が保たれています。©クノールブレムゼ 


08:00 ジョンは遠くの村から学校まで、バスで子供たちを送迎します。子供たちは彼の運転を信頼し、彼はバスのビスカス・ダンパーを信頼しています。 ©クノールブレムゼ 


09:00 スウェーデン:時速100kmのスピードで氷上を横切っています。クノールブレムゼのシステムはすべて、冬季の厳しい試験条件の下で、トライアウトされています。©クノールブレムゼ 


11:00 オーストラリアの鉄鉱山:息が詰まりそうな真昼の熱さです。ドライバーのイーサンは、クノールブレムゼのエアコンで冷静さを保ちます。©iStock 


12:00 バリアフリー旅行:屋外リフトで車椅子の方の乗車を助け、オン・ボード・リフトで快適にシートへと移すことが出来ます。©クノールブレムゼ 


13:00 ストップ・アンド・ゴーを繰り返す頻度が高いのは、ゴミ収集車です。 イギリスのゴミ収集車の多くが、停止の際にクノールブレムゼのディスク・ブレーキを使用しています。©Dennis Eagle 


14:00 ある家族がドイツのアウクスブルクの鉄道博物館を訪れました。ティムが「クノールブレムゼ」と読み上げると、母親は「鉄道には不可欠なのよ」と言いました。©クノールブレムゼ 


15:00 インドの都市では、バスなくして大量輸送は考えられません。クノールブレムゼが強靭な技術でサポートしています。©クノールブレムゼ 


16:00 136貨物車は広い荒野を走行しています。このような場所で不具合が発生したら大変な事態となるでしょう。幸いにもこの貨物車にはクノールブレムゼのシステムが搭載されているので、安心です。©クノールブレムゼ 


17:00 アフリカのメカニック研修生は、エンジンに向き合い、真剣に訓練に取り組んでいます。クノールブレムゼは世界中で職業訓練を積極的に支援しています。©Rainer Kwiotek 


18:00 出稼ぎ者の里帰り:インドの乗客がローカル電車に乗り込んでいます。このような状況では、信頼出来る技術が必須です。©クノールブレムゼ 


19:00 懐かしいバスでの旅:このツアーバスは1960年代に生産されたものですが、ブレーキは新品です- クノールブレムゼ製が搭載されています。©クノールブレムゼ 


20:00 長い1日の仕事を終え、ローラは電車に乗ると、帰宅するまでの時間を車内でリラックスして過ごします。クノールのレール・テクノロジーが夜間も安全を保障しているからです。©クノールブレムゼ 


21:00 超重量級の海上コンテナを輸送するため、ドライバーのサムは電動コンプレッサーを使用してエアー・スプリングを維持し、コンテナをトラックへ積載します。©クノールブレムゼ 


22:00 幅広の貨物を積み、安全な夜間輸送を行う際、マイクはクノールブレムゼ製の電子レベリングシステムを使用します。©MAN Truck & Bus AG 


23:00 映画館や劇場で楽しい夜を過ごした後、人々は心穏やかに家路へと向かいます。多くの地下鉄ではクノールブレムゼのコンポーネントが使用されており、安全な旅を提供しています。©クノールブレムゼ 


24:00 記憶に残るデザイン:ラスベガスのきらびやかな世界をモノレールが通り過ぎて行きます。ドア制御ユニットはクノールブレムゼの製品です。©Las Vegas Monorail