商用車システム

1996年、日本においてクノールブレムゼ、アライドシグナル、JKCにより、合弁企業「JKCトラックブレーキシステム」が設立されました。2001年には名称をクノールブレムゼ商用車システムジャパン株式会社に変更、現在では販売、グローバル規模での調達、応用工学、研修機能を含む組織を形成しています。また、2006年には新工場を埼玉県坂戸市に開設しました。

クノールブレムゼ商用車システムジャパン株式会社は、主に従来品の製造、ヨーロッパの構成部品の日本市場への拡大、お客様のあらゆる要件を満足させるための全面的な技術支援の提供に焦点を当てています。日本のOEM企業に車両安全システムを提供するグローバルパートナーの先駆者としての位置を維持するために、クノールブレムゼはこれからも一流の製品とソリューションをお客様に提供できるよう技術向上に注力していきます。

ご連絡お待ちしております

Share