クノールブレムゼ経営陣。

社員を率先する際経営陣の念頭に置かれている確信。

優れた経営管理は企業のパフォーマンス、革新性、長期的な成功の鍵となります。社員がその能力を存分に発揮出来る職場環境を作り出すことは、管理者チームに課せられた重大な責任です。

Knorr-Bremse経営管理規範はそれを実現するための道しるべとなります。基本となる要素は、変革の経営管理思考です。これは経営管理者にとって大きなチャレンジです。社員の模範となり、そして刺激し、ともに熱意をもって目標達成を目指します。個々の社員を鼓舞し、支援しまた正当に評価できる経営管理者こそが、誠実に社員に「なぜこうなのか」を理解させることができ、社員の最高のパフォーマンスと結果を引き出すことができます。このための前提条件となるのが人に対する真摯な関心です。これにより、社員一人ひとりの長所を考慮した人材・能力開発が可能になります。

Knorr-Bremseでは次の経営管理規範を掲げています。

自省する

優れた管理者は誠実に自省することができます。

先導する

管理者は自ら先に立って進みます。社員の障害になるようなことはしません。

共に目標に向かって進む

目標には数字が必要です。目標の達成には社員の熱意が必要です。

能力を開発する

社員を指導するということは、社員を成長させることでもあります。

約束は実行する

高い管理力は言葉でなく結果によって示されます。

ご連絡お待ちしております

 

ダウンロード&サービス

Share