クノール・エクセレンス

2007年に導入されたクノール・エクセレンスとは、当社が戦略目標を達成するためにすべての部門で「very good」から「excellent」の成績を収められるように改善していく活動です。安全関連システムのメーカーであるKnorr-Bremse にとっては、クォリティが最も重要な条件であることを考えると、この活動の重みが増してきます。

クノール・エクセレンスへの道は、各事業部門の従来の経営モデルを調和させ、共通のクノール・エクセレンス・モデルへと通じます。ここにはすべての過程が含まれており、まとめて継続的に改善されていきます。これは、全社で一貫した適切な優先順位を決め、共通言語で話し、共通の目標を設定して、どのように目標を達成するかについて共通の理解を深めるということです。

さらにクノール・エクセレンスでは、プロセスを最適化するために行ってきたこれまでのイニシアチブと新しいイニシアチブをすべて、各事業部門共通のものにしました。その目標は、すべてのプロセスで「エクセレント」を達成し、最終的には顧客に対して内容溢れるパフォーマンスを実現することです。これら新しいイニシアチブは特に開発、生産、ロジスティクスを対象としています。その成果をプロセスを改善する措置として、クノール・エクセレント・モデルに取り入れます。そうすることで、事業部門間でベスト・プラクティスの情報を交換し、従来のプロセスの弱点を見つけ出して解決できるのです。

ご連絡お待ちしております

Share